オレ部

京大生のひとり部活動、その名もオレ部!

【イベント案内】日本コーヒーフェスティバルin下鴨神社

こんにちは。今回は、ちょっとした告知です。

 

1月29日に、京都府京都市、左京区の下鴨神社にて日本コーヒーフェスティバルが開催されます。

 

www.japancoffeefestival.com

 

 

全国津々浦々からコーヒー店が集い、そのお店の自慢のコーヒーが飲めるイベントです。コーヒー狂にはたまらないイベントですね。コーヒー以外にもフードの出店やさまざまなパフォーマンスもあるらしいです。未知数ですが一体どんなものなんでしょうか?

 

チケットには1杯無料券付いてきます。すなわち2杯目以降は入場券とは別に料金が発生することになります。ぷらっと寄ることができないのは少し残念ですが、全国から有名店が集っているのでそれも致し方ありませんね。

 

前売り券は全国のチケットぴあや各出店店舗にて販売中です。コーヒーが好きな方、コーヒーをもっと極めたい方、眠気覚ましだけとしての付き合いから一歩前進したいという方、ぜひどうぞ!

 

ただ、僕は当日所用があって残念ながら行けません(涙

残念!

 

2016冬・青春18きっぷ日帰り旅!播但線の寺前駅はいいぞ。

オレ的好きな駅ランキング暫定一位を紹介したいと思います(2017年1月6日現在)。JR西日本・播但線・寺前駅です。

 

播但線は電化区間と非電化区間があり、起点の姫路駅から終点の和田山駅までを直通する列車はありません。その電化・非電化の境界となる駅が寺前駅です。なので播但線を乗りつぶそうと思ったら、寺前駅で電車から汽車もしくは汽車から電車に乗り換える必要があるのです。

 

僕は一年前にこの寺前駅を初めて訪れましたが、雰囲気が気に入って、今回の旅でも途中下車してみました。

 

具体的に何がそんなに魅力的かと言いますと、まず汽車と電車の並びがみられるというのが一つありますね。しかも電車汽車ともに国鉄時代の風情溢れる車両です。

 

2015年12月10日に撮った写真

f:id:marugaricut:20170107142010j:image

モノクロにするといい感じになります。

f:id:marugaricut:20170107142047j:image

 

2016年12月23日に撮った写真

f:id:marugaricut:20170107142116j:image

うーんデジャヴ。これらの写真は本当にお気に入り。田舎の小さな駅でひっそりと行われる乗り継ぎの風景が好きです。

 

写真では左が電車、右が気動車なんですが、僕は右の車両に似た列車に乗って中学高校と通学していました。

 JR亀山駅にて。

f:id:marugaricut:20170107163028j:image

 

その車両はもうすでに引退してしまったので、もう今の通学路線ではみることが出来ません。ですが、この播但線寺前和田山間ではまだ実際に乗ることが出来るのです。むねあつ。

 

f:id:marugaricut:20170107163103j:image

 

f:id:marugaricut:20170107163119j:image

 

車内は扇風機がついていたり、国鉄時代の面影が残っています。「いやお前国鉄時代に生まれてないだろ」と言われたらそれまでなんですけど、長年活躍している車両は独特の重みというかオーラを持っているんですよね。うん。はい。

 

さて、ちょっと脱線しかけましたが、、。僕が今まで訪問した2回はいずれも12月のクリスマス前の夜でした。ということでイルミネーションが飾ってあったのですが、見事に人がいないんですよね。自分ら以外。

 

2015年12月10日訪問時

f:id:marugaricut:20170107142244j:image

 

そんでこの前2016年12月23日訪問時

f:id:marugaricut:20170107142404j:image

 

この冬もイルミネーションあるかなーと行ってみるとちゃんとありました。

 

わざわざ人ごみに行かなくても寺前駅に行けばすんばらしいイルミネーションを独占できますぜ。

 

 

郊外の人が住んでいることを確認できる場所、というか、その地の人々の日常生活の一部を垣間見る体験が、狂おしいほど好きなのです。寺前駅の待合室の雰囲気なんかもとても良いです。

 

 といっても寺前駅周辺の散策には行ったことがありません。駅前にある居酒屋も気になってはいるのですが、あくまで乗り換え待ちでの途中下車なのでのんびりしたことはない。あと過去2回は夜、日が暮れてからの訪問だったので、次は昼間にも行ってみたい。

 

以上、寺前駅の紹介でした。

 

寺前駅をちょびっと散策した後、山陽本線・東海道本線の新快速をつかって姫路駅・三ノ宮駅で軽く食事をした後、京都駅に戻りました。

 

一日ぽっきりの旅行でしたがあちこち巡れて楽しかった。いろいろつめこんで正解でした。

次の春はどう18きっぷであそぼうか、今から楽しみです。 

 

2016冬・青春18きっぷ日帰り旅!天空の城・竹田城跡を目指して播但線へ。

今回の旅のメインイベントは、天空に浮かぶ城と名高い竹田城跡でした。竹田城へは播但線の竹田駅から徒歩で行けるとの情報をネットの大海原でみつけましたので、和田山で電車から汽車に乗り換えです。

 

f:id:marugaricut:20170106114215j:image

 

播但線は姫路と和田山を結ぶ路線で、和田山~寺前が非電化、寺前~姫路が電化というちょっと癖のある路線、国鉄時代の面影を残す列車を堪能できます。

 

僕が中高時代に通学で利用していた紀勢本線でも同じ顔の国鉄列車が走っていましたが、残念ながらJR東海の管轄エリアではもうすでに国鉄車両はすべて引退してしまいました。グヌヌ

 

和田山駅には機関車が走っていた頃のものと思われる遺構があります。この地の今までの営みに思いを馳せずにはいられない。ただ乗り換えの間の時間にあまり余裕がなくてじっくり見られなかったのが残念。

 

f:id:marugaricut:20170106114321j:image

 

和田山駅の次の駅が竹田駅、竹田城跡の最寄り駅ですね。この一駅のあいだに、今回の旅一番の出会いがありました。

 

乗った車両は車両の両端に2扉あるタイプで、列車中心にボックスシート、端にはロングシートという座席配置になっていました。僕らが空いた席を探していて、たまたま座ったロングシートの向かいに座っていた女性が、大層可憐な女性でした。恐らく大学か専門学校からの帰宅途中っぽかったんですけど、わき目もそらさずテキストで何かを勉強していたんですよね。僕ら2人はずっとガン見してたんですけど(笑)

 

旅の途中の僕らからしたら非日常的な体験をしているわけなんですけど、彼女にとっては日常というか乗りなれた列車。18きっぷ旅の一番の醍醐味はこの「色んな日常にお邪魔する」ことですね。

 

竹田駅で降りて彼女に勝手に一方的に脳内に別れを告げて、開口一番2人で彼女の美しさで盛り上がりました。この旅一番の盛り上がり。笑 

 

さてさて、竹田駅は駅舎も風情がありました。かつてあったはずの線路が撤去されていたのが気になりました。

 

f:id:marugaricut:20170106114404j:image

 

単式ホーム2面2線を持ち、交換設備を備えた地上駅。かつては単式・島式の複合型2面3線のホームを有していたが、現在では中央の1線が外されて、2面2線となっている。一線スルーではなくY字分岐の配線で、ホームは上下線で別になっている。

竹田駅 (兵庫県) - Wikipedia

むかしは3本必要あるほど列車が行き来してたけどいまはもう必要なくなってしまったのかなあ、などと思いを馳せる。

 

f:id:marugaricut:20170106114442j:image

 

あとホームの断層にも趣あるよね。むかしの客車はもっと乗降口が低かったんやろなぁ。もくもく機関車が走ってたんかなあ。

 

駅でしばらくエモーショナルな時間を過ごした後、竹田城跡をめざす。駅からちょっと歩いて踏切に行って線路を超える。

 

f:id:marugaricut:20170106114516j:image

 

城下町というか、伝統的な街並みがとても素敵でした。水路にはたくさん鯉が!せっかくなので2017年シーズンこそカープが優勝そして日本一になれるようお願い。

 

そういえば、むかし観光客として京都を訪れたときに水路の鯉をみて「かーぷ!カープ!」と騒いでいたら英語が出来る奴らだと思ったのか海外からの観光客に道案内を求められたことがあります(笑)

 

f:id:marugaricut:20170106114549j:image

 

入り口にたどり着き、よっしゃのぼるぞー!ってことで登っていくのですが、なんとすぐに行き止まりに。むむむ、どうして?

 

f:id:marugaricut:20170106114612j:image

 

。。。

 

魔剤!?

 

冬期はとても短い時間しか入れないんですね。それぐらい下調べしとけって話ですが、地元の城の周辺の公園は24時間入れるのでそういう脳が働きませんでした・・・。

 

f:id:marugaricut:20170106114651j:image

 

失意の中、駅の周りをぶらぶら。「情報館 天空の城」という竹田城の観光案内所みたいなところに行って実際に竹田城に登った気分になれました。

 

f:id:marugaricut:20170106114734j:image

 

やまのうえにちょっとみえるのが城跡、、? 

 

f:id:marugaricut:20170106114800j:image

 

あっという間にすっかり日も暮れてしまいました。ここから播但線の起点駅・姫路を目指します。

 

f:id:marugaricut:20170106114822j:image

 

2016冬・青春18きっぷ日帰り旅!福知山駅で途中下車して福知山散策。

日吉ダム散策を終えて、再び山陰本線にて西進します。前日夜更かししていたため、車窓を楽しむことなく爆睡...。

 

 うとうとしながら、福知山駅にて途中下車。

 

f:id:marugaricut:20161227151111j:image

 

ちなみに自動改札ではなく主導改札でした。遠くまで来た感ある。良い。

 

f:id:marugaricut:20161227151154j:image

 

うーん逆光。

 

福知山には初めての下車。お昼時で何か食べようとなりますが、なにも情報がないので某食べログでお店を調べてみて、一番評価が高かったお店に行きました。

 

超個性派ラーメン屋・麺屋ソミーズ 

 

駅から歩いて10分くらいで到着。12時過ぎに到着したこともあり店内は満員でした。

 

とりとん、800円に麺1.5盛り+60円。

f:id:marugaricut:20161227151217j:image

 

そして、こちらはしょうゆ800円+麺1.5盛り60円

f:id:marugaricut:20161227151234j:image

 

1人で2杯食べたんじゃなくて、今回は2人旅です。 

 

奇抜な店内でどんな1杯が出てくるのかいささか不安でしたが、とても美味でした。とりとんには焦がしニンニクもお好みでトッピング出来ます。ニンニク好きにはたまらないサービスでした。

twitter.com

 

 

ラーメンで腹ごしらえした後、乗り換えまで1時間以上あることが判明。ダイヤを調べるときは平日ダイヤと休日ダイヤに気を付けねば、ですね...。

 

せっかくなので駅からちょっと歩いて観光名所に。

 

明智光秀が築きし福知山城

 駅からは徒歩15分くらい。

 

f:id:marugaricut:20161227151305j:image

明治4年、1871年に福知山城は廃城になり、現在の天守は1985年に再建されたものです。

 

こじんまりとしたお城です。堀が埋め立てられてしまっているのが残念っちゃ残念。ちなみに、この城は日本100名城には選ばれていません。 

 

お城の近くに、ひときわ存在感を放つ橋があります。その名も「昇龍橋」。

f:id:marugaricut:20161227151325j:image

 「パンチラみたいし今度は夏に来よう」って渡り鳥が言っていました。

 

福知山には他にも綺麗なアーチ状の橋がいくつかあり存在感を放っていました。

 

雨が降ったり止んだりでしたが大降りにならなくて良かった。さてさて旅はそろそろ折り返し。福知山から引き続き山陰本線にて播但線の終点駅、和田山へと向かいます。

 

つづく。

 

2016冬・青春18きっぷ日帰り旅!日吉ダム行ってきた。

先日12月23日、青春18きっぷを使って2人で日帰り旅に行ってきました。いろいろ詰め込んだ日帰り旅だったのでいくつか記事を書こうと思います。

 

いつも通り、出発は京都駅。ゆっくりめの出発で駅まではバスで行きました。始発に乗ろうとするとまだバス動いてないからね。

 

 f:id:marugaricut:20161227151401j:image

 

まず山陰本線(京都~園部間には嵯峨野線という愛称もあります)の列車に乗って日吉駅まで向かいました。ばびゅーん。7時半過ぎに京都駅発の列車でしたが、結構乗客が多くてびっくり。中韓からの観光客が大勢いたのが印象的。

 

f:id:marugaricut:20161227151450j:image

 

f:id:marugaricut:20161227151507j:image

  

日吉駅では南丹市の職員さんが駅の業務を行っています。

 

JR西日本「無人駅にするンゴ」

南丹市「ファ!?それなら市の職員置くンゴ!

「ついでにいろいろやって観光客呼び込んだろ!」

 

という背景があったかどうかは分かりませんが、職員さんが1人でレンタサイクルの管理もやっていました。まあそれほど頻繁にレンタサイクルの利用があるようではなさそうでしたが。

 

f:id:marugaricut:20161227151524j:image

 

4時間以内の利用で320円でした。よそでレンタサイクルをあまり使ったことは無いですが、そんなに高くは感じません。

 

天気も良く空気もおいしい。程よい乾燥感。そしてなんといっても交通量が少ないのが一番良い(笑)京都の大学まわりの交通量に慣れてしまっている自分がいますね。

 

自転車を10分ほどこぐと道の駅「スプリングス日吉」に着きました。でも10時からしか開いて無くてですね、先にダムを目指します。

 

この道の駅から県道50号の上り坂を必死に登ったら日吉ダムがあります。

 

f:id:marugaricut:20161227151548j:image

 

f:id:marugaricut:20161227151604j:image

 

以下はダムカードからの引用です。

DAM-DATA

所在地:京都府南丹市
河川名:淀川水系桂川
型式:重力式コンクリートダム
ゲート:高圧ラジアルゲート×2門
    ラジアルゲート×4門
堤高・堤頂長:67m・438m
総貯水容量:6,600万㎥
管理者:水資源機構
本体着工/完成年:1993/1997年

 

平成9年に完成した、新しいダムです。新しいダムならではで、いろいろ観光地化しようという努力の跡がみてとれます。堤体のすぐ下まで歩いてもしくはチャリで行くことが出来ます。

 

f:id:marugaricut:20161227151632j:image

 

f:id:marugaricut:20161227151654j:image

  

そして、その取り組みの代表が、「インフォギャラリ―」です。 

ランダム情報
1993年に「地域に開かれたダム」の第1号に指定され、監査廊の一部を開放した展示施設「インフォギャラリー」を堤体内に持つ。周辺に「道の駅スプリングスひよし」、「府民の森ひよし」、「宇津峡公園」の整備がされている。

 

f:id:marugaricut:20161227151730j:image

 

f:id:marugaricut:20161227151745j:image

 

このインフォギャラリ―が、かなり充実しています。ダムを建設にあたって水没した地の過去の航空写真や移住を余儀なくされた人々の名前も紹介してあります。

 

ダムは洪水を防ぐだとか、水力発電だとか、いろいろな機能があるんですが、こういうのを直にみると考えさせられますね。

 

 スプリングスひよしには足湯とか温泉とかいろいろあるんですが、先を急ぐということで断念...。

 

www.springs-hiyoshi.co.jp

 

旅は続きます!

 

 

日吉ダム[京都府] - ダム便覧

 

バファローズポンタ契約更改!2017年の展開が気になる

Twitterにて朗報が入ってきました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

2016年シーズンを盛り上げたバファローズポンタが、2017年もみられます!一部では2016年限りの(スポンサー?)契約で来年からはみられないのでは?という意見もみられましたが、無事契約更改に至ったようですね。良かった良かった。

 

皆さんはバファローズポンタについてどのくらい知っていますか?

 

バファローズポンタは、その名の如く、オリックスバファローズを応援するポンタです。Twitterアカウントは2016年3月、シーズン開幕に合わせて開設されました。

 

 

基本的な呟きとしては、試合開始前の「今日も応援頑張るぞー」的な呟きがまずあって、試合が終わるとその勝敗に応じた「残念!」「やった!」の2タイプの呟きがあるという感じなんです。ここまでだとごくごくありふれた感ですね。

 

 

 

ですが、バファローズポンタは一味違います。呟きにはすべて画像が添付されていて、これがプロ野球ファンの心を掴みました。

 

バファローズが負けたら、なぜかポンタが脱ぎます。

 

 

とってもかわいそう。でもバファローズが勝って無邪気に喜ぶポンタには癒されるんですよね。

 

今年オリックス最下位に沈んでしまったことも、このバファローズ人気に拍車をかけたような気がします。残念ながら。

 

来年は強いオリックスのもとで、今年とは一味違うバファローズポンタがみてみたい!

 

 

【城郭巡り】松本城訪問記/貴重な現存天守を拝もう

ちょうど1年ほど前のことになりますが、青春18きっぷを使って長野観光をした時に松本城に行きました。今回は、松本城を訪問した時にのことを、改めて纏めてみようと思います。

 

因みに松本城は日本100名城の29番目に選ばれています。

www.100finecastles.com

 

f:id:marugaricut:20161221171404j:image

JR東日本の篠ノ井線・松本駅で下車。そこから徒歩15分ほどで松本城に着きました。

 

ちなみに松本駅には大糸線の0キロポストがあります。ネットで調べて知っていましたがかなり存在感がない、、笑

 

f:id:marugaricut:20161221171511j:image

 

松本城は平地に築かれたお城、いわゆる平城でして、石垣がドドドと迫ってくるような感じではありません。

f:id:marugaricut:20161221171550j:image

松本城は標高590メートルの盆地内平地に位置しています。平地に築かれた平城です。城郭を囲む三重の水堀と土塁・石垣、出入り口や土塁の上に櫓や城門などを備えていました。三の丸内に武士を居住させて、防備を固めていました。

天守とその構造 | 国宝 松本城から引用)

堀も浅めでそこまで迫力は在りません。僕はそれまで石垣ごつごつのお城に慣れ親しんでいたので、ちょっと拍子抜けな感もありました。

 

ただですがしかし、なんといってもこの松本城、天守がすごいカッコいい。

 

f:id:marugaricut:20161221171635j:image

 

江戸時代の遺構がのこっている、数少ない城です。堀の水位が高いから、というか堀が浅いからか、水面に栄える「さかさ城」が絶妙です。

 

f:id:marugaricut:20161221171707j:image

 

過去の記事でも紹介していますが、素人でも天気さえよければいい写真が撮れます。

marugaricut.hatenablog.com

 

610円で天守へ!

松本城公園は無料で開放されていますが、天守を見学するのは有料です。せっかく松本まで来たので、入場料を払って天守を見学しました。大人が610円、小中学生が300円、小学生未満は無料となっています。団体だともう少し安くなります。

 

f:id:marugaricut:20161221171815j:image

 

天守からの眺め。高みの見物を決めることができますが、冬に行って風がふいていたらかなり寒いです。天守には靴を脱いでスリッパで入らないといけないのも結構シビア。かなり足が冷えます。天守を綺麗なまま残すには必要なことですけどね。

www.matsumoto-castle.jp

 

HPが充実

この記事でもいくつか文章を引用させていただきましたが、公式のHPがとても充実している。ここまでの情報を必要としている層がいるのだろうか...と感心してしまいます。松本城に興味のある方は是非行ってみて下さい!

www.matsumoto-castle.jp

 

松本は城下町の雰囲気残るいい街でした。また行きたいですね。