読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレ部

京大生のひとり部活動、その名もオレ部!

【読書】『仙台牛たん焼き物語』を読んだら本場の牛たんが食べたくなった

お腹が空いていたときに図書館に行ったからでしょうか。ついつい借りてしまいました。 井上英子『仙台牛たん焼き物語』 仙台名物・牛たんの生い立ちや、牛たんの調理法、仙台の名店などについて書かれています。 仙台名物・牛たんのルーツ 今でこそ高価な食…

週刊スピリッツで連載中!『スローモーションをもう一度』で胸キュンしよう。

今回は僕の今ハマっている漫画の紹介です。週刊スピリッツで連載中、加納梨衣先生の『スローモーションをもう一度』は、いいぞ。 作品紹介 高校生の男女を甘酸っぱい恋模様を描いた作品、と言えば陳腐な感がありますが、『スローモーションをもう一度』の主…

松原始『カラスと京都』を読んだ。

オススメの新冊が図書館に残っていたので借りて読んでみた。松原始『カラスと京都』(旅するミシン店、2016) 本書からの引用だが、松原さんのプロフィール。 1969年奈良県生まれ。京都大学理学部卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。京都大学理学博士。専…

馴れ合いの時間を減らしたい。青木真也『空気を読んではいけない』を読んで。

総合格闘技好きの友人が一人いる。彼は「アオキシンヤ」という格闘家が好きらしく、一緒にご飯に行った際には延々とその「アオキシンヤ」のプレースタイルだとか、経歴だとかについて、何度も聞かされた。 最初は聞き流していたが、何度も聞いているうちに、…

ビートたけし『たけしの死ぬための生き方』を読んで。

斎藤孝先生のおすすめ文庫300タイトルから、ビートたけし『たけしの死ぬための生き方』(新潮文庫)を手に取って読んでみた。 marugaricut.hatenablog.com この本は、ビートたけしさんが交通事故で重体を負ったあとに病床で考えていたことをまとめた本である。…

自分の生きる道は如何なる道か?ヘミングウェイ『老人と海』を読んで。

以前、斎藤孝先生の著書『読書のチカラ』を読んだ。 marugaricut.hatenablog.com この本のなかで挙げられている斎藤先生が選んだおすすめ文庫300タイトルから、ヘミングウェイ『老人と海』(新潮社)を手に取り読んでみた。 著者紹介 ヘミングウェイはアメリカ…