読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレ部

京大生のひとり部活動、その名もオレ部!

しがない男子大学生が気象予報士の資格取得を目指す話

こんにちは。CUTです。

 

前回の投稿で2020年の東京オリンピックまでにやっておきたいことを3つ挙げました。

marugaricut.hatenablog.com

 

 

そのうちの1つに「資格を取る」というのを挙げました。その中で気になっている資格。

 

気象予報士

 

f:id:marugaricut:20160828144014j:image

 

今回は、気象予報士の資格取得に向けて僕自身のモチヴェーションを高める&気象予報士について理解を深めるべく、気象予報士について説明してみようと思います。

気象予報士とは?

以下は気象庁のHPからの引用です。

気象予報士制度は、気象業務法の改正によって平成6年度に導入された制度です。
 この制度は、防災情報と密接な関係を持つ気象情報が、不適切に流されることにより、社会に混乱を引き起こすことのないよう、気象庁から提供される数値予報資料等高度な予測データを、適切に利用できる技術者を確保することを目的として、創設されたものです。
 予報業務を行う事業者は、現象の予想を気象予報士に行わせることを義務づけられています(地震動、火山現象及び津波を除く)。
 気象予報士となるためには、(一財)気象業務支援センターが実施する気象予報士試験に合格し、気象庁長官の登録を受けることが必要です。

www.jma.go.jp

要するに、気象予報をするために必要な国家資格ということみたいです。ということは気象予報士の資格が取れれば、気象予報ができるスキルが身についたと言えるということでしょう。

 

しかも気象予報士の資格があれば合コンで

僕「実は気象予報士の資格もってるんだ」

「へ~!(よく分からないけど)すごーい!」

僕「明日の天気は曇りのち雨、でも僕と君の相性は虹を伴う快晴さ...」

「やだっ...うまーい♡」

 

なんて下りが期待できるんではないでしょうか!?!?まあ合コンには今まで指1本で数えられるほどしか行ったことありませんが(苦笑)

 

なぜ気象予報士

 気象予報士井田寛子さんをご存知でしょうか?

twitter.com

井田さんは現在はTBSの情報番組「あさチャン」にてお天気コーナーを担当していますが、数年前はNHKニュースウォッチ9にてお天気コーナーを担当していました。

僕はカープの試合結果を確認するためにニュースウォッチ9のスポーツコーナーを観る習慣がありましたが、そのスポーツコーナーの前にやっていたのが井田さんの担当していたお天気コーナーでした。

大学受験生のころは勉強でお疲れのなか前述のようにテレビを見ていました。そんな時カープが勝っていると元気を取り戻すのですが、その前に井田さんの醸し出す落ち着いた大人な雰囲気に僕は魅了されました。

そんなこんなで僕は井田さんを通じて気象予報士という資格に興味を持つようになりました。

 

また、僕は大学での実習活動などで森の中に入ったり、山に登ったりする機会があります。そんな時、思わぬ雷雨に襲われることが度々ありました。「山の天気は変わりやすい」とは良く聞きますが、そのメカニズムはどうなってるの?むむむ...

(一応Yahoo!知恵袋で検索してみました)

なぜ山の天気は変わりやすいんですか? - なぜ山... - 気象、天気 | Yahoo!知恵袋

要は

①気象を含む大気循環に興味がある

②フィールドに出て活動したい

③屋外で調査するなら天気に詳しかった方が有利なのでは?

ということで、 気象について詳しくなりたいと最近強く思うようになりました。

 

どんな試験?

試験概要

大きく分けて3つの科目があるようです。

①学科試験(予報業務に関する一般知識)

②学科試験(予報業務に関する専門知識)

③実技試験

試験時間はそれぞれ60分、60分、150分(75分+75分)。実技試験は30分の休憩をはさんで行われるようです。①②は選択式、③は記述式のようです。

試験地が北海道,宮城県,東京都,大阪府,福岡県,沖縄県6か所に限られているのは地方の人にとっては不便でしょうね...。

気象予報士試験 − 試験概要

試験日程

試験は年に2回、8月下旬と1月下旬に行われているようです。直近の試験日は1月29日(日)。スケジュールを確認してみたところ、大学の後期期末試験期間ともろかぶりしてます(笑)これは計画的に余裕をもってやらなきゃっていう簡単そうで一番ムツカシイパターンだ汗

気象予報士試験 − 試験日程

 

今後の勉強の進捗はこのブログで報告していきたいと思います。気象予報士の資格を取ろうとしている人は身近にはいないので、同じ志を持っている人と友人になりたいです。ブログを通じて。よろしくお願いします。

 

あと、豆知識を一つ。今日8月28日は「気象予報士の日」です。なぜならば22年前、1994年の今日に第1回の気象予報士試験が行われたからです。

 

ではまた!えいえいおー

 

CUT.