読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレ部

京大生のひとり部活動、その名もオレ部!

「大人」=「一定の理解を示すことが出来る人」なのか?

最近すこし考えていることがあります。それは

「一定の理解を示してしまう」

ことについてです。

 

f:id:marugaricut:20160929174248j:image

 

これだけではよく伝わらないと思うので、

具体的な例を挙げてみましょう。

(僕の思う)良い例

僕はカープファンですが、他球団にも好きな選手はいるし、他球団のファンになる人たちも理解することが出来ます。どの球団にもその球団ならではの魅力があると思います。僕の場合はその球団の中で特に相性が良かったのがカープだったのでしょう。なぜこんな例を挙げるかというと、プロ野球ファンの中には自分の贔屓のチームを応援するだけでなく、他球団をやたら批判する人が、残念ながらいるからです。そんな中で、これは「一定の理解を示す」良い例と言えるのではないでしょうか。

(僕の思う)悪い例

例1

ある人がTwitterで

???「やっと卒業だあ~!最初は馴染めるか不安やったけどなんだかんだ同期のみんな神やった!!!〇〇高校第××期ほんと最高すぎた!!!」

とwithキラキラ加工写&絵文字で呟いていたとしましょう。それに対する僕の対応の変化がこちら。

 

むかしの僕「いや最高ってなんやオイ視野狭すぎやろ最高ってのは最も高い評価をそこにしてしまうことやぞ軽々しく最高なんて言うなやあとお前他の高校行ったことないやろがいどういう根拠で最高なんか説明不足にもほどがあるぞあと神ってなんやねん軽々しく神って言うてんちゃうぞみんなってお前ほんまに同期の皆と絡んだことあるんかいな適当なこと言(以下省略」

 

むかしの僕は軽々しく「最高」「絶対」「必ず」などの表現を用いる人が理解できませんでしたが、、、

 

いまの僕「卒業おめでとう!同期のみんなというのは「君と仲が良かった」みんな、ということだよね。みんなという表現を使ってしまうほど親密な仲だったんだろうね、いいねじゃないか!神なんていう最上級表現を使うなんて、一生のうちでそんなにないんじゃないかな。でもそれだけ同期の人たちが素晴らしかったということだよね。最高、それは君にとっての同一内比較の上での最高ってことだよね。それならいろんな最高があってしかるべきだ!どんどん最高、使って行こう!」

 

例2

LINEやメールなどで、

「こんばんわ。」

と送られてきたとします。

 

むかしの僕「わ?とは?そこは「こんばんは」とちゃうんかいなしっかりしろや普段から乱れた日本語にどっぷり使っとったら目上の相手にメール送るときにもにじみ出てしま(以下省略」

 

いまの僕「うーん。一見したところ音につられて勘違いしているのかもしれないけど、「は」よりも「わ」のほうが字面としては可愛らしいって思う人もいるだろうし「こんばんわ」を使う人も最近じゃ多いみたいだし、「こんばんは」を強制する必要はないのかもしれないなぁ...。まあオフィシャルな場合は「こんばんは」の方がいいかもネ!」

 

 こんな感じで、むかしなら寄り添う姿勢をつくらずにけなしていたことに対しても「一定の理解を示す」ようになり、気づかぬうちに僕は、まるで上流から下流へ流れ着いた石のように、角のとれたつまらない野郎になってしまったような気がしてならないのです。

 

安直に自分の感情をぶつけることなく「一定の理解を示す」ことにより相手に寄り添うことが出来るようになったことは、多分恐らくきっとメイビーアイシンク喜ばしいことなんでしょうが、「もっと激しく相手の都合とか無視して自分の感情ぶつけてえなあ」とも思ったりするわけです。

特に、いわゆる日本語の乱れに関しては、むかしは保守的といいますか、ちゃんとしたかたちを重んじていたのですが、いまでは言葉は諸行無常、常に世相を反映して変わりゆくものだ!と考えるようになってしまいました...。

 

これが大人になるということなんでしょうか。

「読書すれば多角的なものの見方ができるようになる」と斎藤先生も仰っていましたが、それでも斎藤先生は鋭い持論、読書論を持ち合わせています。今の自分にそのような確固たる信念のようなものがあるかと言われたら微妙です。

marugaricut.hatenablog.com

 

とりあえずもっと本読もう。

 

CUT