読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレ部

京大生のひとり部活動、その名もオレ部!

カップラーメンの王様!?日清「ラ王・背脂コク醤油」食べてみた。

ラーメン

日清が1971年にカップヌードルを発売して以来、多種多様なカップヌードルが誕生してきました。今回は、日清のフラグシップモデル、「ラ王」の背脂コク醤油味を食してみました。

 f:id:marugaricut:20161209171806j:image

正八角形のパッケージが目印です。かやく・叉焼を入れて、お湯を入れて5分待ちます。その時スープの素を蓋の上に置いて温めることをお忘れなく。

 f:id:marugaricut:20161209171834j:image

特筆すべきは叉焼が入っていることです。厚みがあって肉感もしっかりしてました。

麺もカップ麺とは思えないほどコシとみずみずしさがあります。

 

カップ麺だけでなく袋麺にも力を入れている

日清のHPをみてみると分かるのですが、カップ麺より5食1セットの袋麺の方がラインナップが豊富です。カップ麺のラインナップが

 

芳醇コク担々麺

背脂コク醤油

香淳コク味噌

淡麗鶏だし塩

濃熟とろ豚骨

魚介豚骨醤油

 

の6種類なのに対して、袋麺のラインナップは

 

醤油

味噌

豚骨

豚骨醤油

つけ麺

ちゃんぽん

 

の7種類です。

www.rao.jp

 

その中でも特に気になるのは「つけ麺」です。1食あたり麺200gとボリュームもあります。カップ麺だとつけ麺は難しいんですかね。

 

袋麺は食費を安く抑えられる、大学生の味方。その袋麺でも、ちょっと贅沢したい!なんて時にラ王は良いかもしれませんね。外食するよりは安く済むし、お店で食べるラーメン張りにおいしいです。僕も今度スーパーに行った時にでもラ王の袋麺を探してみようと思います。