読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレ部

京大生のひとり部活動、その名もオレ部!

写真初心者が撮ったお気に入り写真5枚をみてくれないか?

今回は写真についてです。

 

僕は旅先では訪問の記録として、よく写真を撮ります。デジカメは持ち合わせておらず基本的にiPhoneで撮影します。

 

iPhoneのカメラはかなりクオリティが高く、携帯に内蔵されているカメラで撮ったとは思えないほど綺麗な写真が撮れることもあります。

 

今回は今まで僕が旅先などで撮ってきた写真の中でお気に入りのものを5枚、紹介したいと思います。

 

@甲子園

 

f:id:marugaricut:20161214135702j:image

 

大学の先輩に連れていって頂いた、甲子園での阪神戦での一枚です。先輩がスワローズファンだったので、レフト外野のビジター応援席での観戦でした。

 

7回裏、タイガースのラッキーセブンの攻撃前に、阪神ファンがジェット風船を飛ばします。レフトスタンド上段からの眺めは格別です。

 

マツダスタジアムでもジェット風船を飛ばす文化がありますが、スタンドの傾斜が緩やかで、座席数もそれほど多くないためか、甲子園ほどの迫力がありません。

 

f:id:marugaricut:20161216004948j:image

 

ただ、誤解しないでください。マツダスタジアムのジェット風船がショボいと言いたいのではありません。

 

甲子園でのジェット風船の方が球場に馴染んでいるというか、一体感があるというか、中々言い表しにくいのですが迫力があるんですよ。なんというか。

 

甲子園での六甲おろしからのジェット風船飛ばしは、他球団ファンの僕でも心揺さぶられるものがあります。

 

甲子園は最も好きな球場のひとつです。全国 高校野球大会の開催地というのもありますが、このジェット風船飛ばしが甲子園といちばん結びつきますね。

 

@東京理科大学・葛飾キャンパス

 

 f:id:marugaricut:20161215105458j:image

 

東京に遊びにいった時に友人に案内してもらいました。

 

夜のキャンパスは、賑やかな昼間のキャンパスとは全く異なる表情をみせます。シーンとした感じ、良い。

 

この葛飾キャンパスは東京都の中でもかなり千葉寄りにあって、ベッドタウンらしくというか、夜は街全体がひっそりとした雰囲気でした。

 

眠らない街よりも、人々が明日に備えて休んでいるんだなぁと感じる、夜はひっそりとしている街の方が、僕は好きです。

 

あとやっぱり、私大の建物は綺麗で立派だなぁ()

 

@JR播但線・寺前駅

 

f:id:marugaricut:20161215105541j:image

 

 18きっぷで近畿・中国地方をブラブラした時に撮った一枚。カラーよりもモノクロのほうが雰囲気が出るので変えました。

 

寺前駅はJR西日本の播但線(姫路-和田山)の中間にある駅です。播但線は姫路-寺前間は電化、寺前-和田山間は非電化となっていて、それぞれの区間で電車、気動車が別々に走っています。

 

播但線全線の直通運転はありません。それゆえに、寺前駅では電車と気動車の並びをみることができます。

 

この写真はその乗り換えの時に撮りました。人の乗り換えの流れも上手く捉えられたと思います。左の列車が姫路-寺前間を往復する電車、右が寺前-和田山間を往復する気動車です。

 

おまけですが、訪問当時、寺前駅前にはクリスマスが近いこともあってか、イルミネーションがありました。人気のないところにに煌々と輝いたのが印象的でした。

 

f:id:marugaricut:20161215113709j:image

 

@大野ダム

 

f:id:marugaricut:20161215105515j:image

 

大野ダムは京都府南丹市にある、重力コンクリート式のダムです。去年の3月ごろに日吉ダム、畑川ダムとまとめて訪問しました。

 

この写真はダムの堤体のゲートから下流側をみるかたちで撮りました。光を反射する、澄んだエメラルドグリーンの水面が綺麗。

 

大野ダムは男らしさ溢れるダムです。艦船みたいでとてもかっこいい。ダムカードのデザインも俺好み。

 

f:id:marugaricut:20161216004057j:image

 

ダム巡りは、都市部では味わえない荒々しい山道の雰囲気や、ゆったり時間が流れる感じを味わうことができてオススメです。

 

@松本城

 

f:id:marugaricut:20161215105558j:image

 

この写真が多分いままでの僕の最高傑作です。たなびく雲、澄んだ水面、堂々とした城郭。良い。

 

松本城は江戸時代または江戸時代以前の天守が現存している、数少ない城です。色合いにも渋みがあります。

 

この写真では堂々としたお城の姿を捉えることができていますが(自画自賛)、実物のお城は、写真ほどの迫力はありませんでした。

 

というのも、この松本城は平城と言って、まあ単純に言うと平地に築かれたお城です。なので険しい石垣がありません。

 

僕にとって城は石垣を登った先にあるものというイメージがあるので、この松本城を訪問した時はちょっとびっくりしました。

 

この写真も18きっぷで旅した時の写真ですね。やはり旅先での写真が多くなります。

 

 

 

以上、お気に入り5枚(と、おまけ数枚)でした。

 

撮った張本人の僕としては「良い」写真なんですけど、他の人にとってはどうなんだろう?ということでまとめてみました。

 

宜しければコメントなどで感想聞かせてください!お待ちしてます٩( 'ω' )و

 

twitter.com