京都市内→京都市内・片道切符の旅(2)糸魚川駅周辺を満喫!

京都市内→京都市内・片道切符の旅(1)京都から北陸へ - オレ部

北陸新幹線に乗って糸魚川駅に着きました。

f:id:marugaricut:20180505093104j:image

糸魚川市新潟県の最も西に位置する町です。僕にとっては人生初の新潟県上陸。

f:id:marugaricut:20180505093158j:image

南にはご覧のように後立山連峰北アルプスの山々が。

この山々に向かって南側から風が吹き付けると、山を越える時に空気が乾燥し気温が上昇する「フェーン現象」が起きます。

その「フェーン現象」の影響で、糸魚川では記録的な高温が過去に記録されています。

まず1つめは、最低気温の最高記録です。

1990年8月22日、糸魚川では最低気温30.8℃を記録しました。

f:id:marugaricut:20180514212531j:image

気象庁|歴代全国ランキング

夜間の最低気温が25℃以上のことを「熱帯夜」と言いますが、この記録はその基準の気温よりも5℃以上高いことになります。この日はさぞ寝苦しかったことでしょう。

そして2つめは、国内で最も遅い「猛暑日」の記録です。

f:id:marugaricut:20180514212506j:image

気象庁|歴代全国ランキング

猛暑日」とは、「最高気温が35℃以上の日」を指します。国内では11月・12月に35℃以上を記録したことはないので、「10月9日」が国内での最も遅い「猛暑日」となります(観測が始まって以降では、ということにはなりますが)。

沖縄や九州よりも、うんと北にある新潟県糸魚川市が、高温に関する記録を持っているのです。気象って本当に面白いです。

 

閑話休題

f:id:marugaricut:20180505093337j:image

日本海。駅から歩いて数分でこの景色。

f:id:marugaricut:20180506165523j:image

駅の南口側には、複合レジャー施設(でいいのかな?)「糸魚川ジオステーション ジオパル」がありました。

ジオパルは、家族で楽しめる糸魚川の情報発信基地です。 平成27年の春、糸魚川駅のアルプス口にオープンしました。
館内は大きく「ジオパーク観光インフォメーションセンター」「キハ52待合室」「ジオラマ鉄道模型ステーション」の3つのコーナーに分かれています。

f:id:marugaricut:20180506165442j:image

プラレールの展示や、

f:id:marugaricut:20180506165558j:image

かつて大糸線糸魚川〜松本)の北のエリアで走っていた国鉄気動車キハ52系の展示がありました。

f:id:marugaricut:20180506165633j:image

なんと待合室として車内が解放されていました。鉄道ファンとしてはたまりません。

他にも鉄道ジオラマや鉄道に関するグッズが所狭しと展示されていました。

またいつか、時間に余裕を持って糸魚川を再訪したいと強く思いました。

糸魚川ジオステーション ジオパル | 旅のはじまり | ジオパークをめぐる | 糸魚川ユネスコ世界ジオパーク

糸魚川からは、長野県の松本に向かうべく、大糸線に乗車です。

f:id:marugaricut:20180506165727j:image

つづく。